株式会社パスワークは、マーケティングリサーチで企業の販売促進活動をサポートいたします。
モノがあふれ、消費者の価値観が多様化する中で、「伝える」情報でなく「伝わる」情報を生活者に発信するには
消費者の本当のニーズ・ウォンツを把握することが前提となります。
そのうえで、ターゲットの明確化、最適なコミュニケーション手法の選定、ターゲットの心に届く表現・デザインで、
消費者の心をつかむ広告が完成します。

行動心理把握調査(インタビューでニーズ・ウォンツの発見)

グループインタビューなどの定性調査で、ターゲットの隠れた心理や本音を探ります。
商品開発やサービス開発で消費者のニーズやウォンツを知りたいとき、アンケートのような一方通行の質問からでは
消費者の本音をさぐることはできません。
対象者のニーズ・ウォンツを知るためには「なぜ?」の質問を繰り返しながら、本音に近づきます。
インタビューにおいては、事前の仮説構築が必要です。仮説を多く持つことにより、対象者の回答や反応を見ながら
質問の方向性を臨機応変に変更することができ、より本音に近づくことができます。

クリエイティブ評価

クリエイティブ評価とは、商品パッケージや商品チラシ等の販促物に対して、グループインタビュー等の
消費者のリアルな声で評価や不評価、並びに共感度や商品イメージ等について検証を行う調査のことで、
調査結果から効果的なコミュニケーションの実現に繋げることを目的としています。

徳島県内在住の方対象 広告モニター募集中!!詳しくはこちら